• Culture

GLOWの
記事をシェア

【映画】中国で絶大な人気を博す日本人、「⽵内亮のドキュメンタリーウィーク」5 ⽉19 ⽇より開催!

竹内亮

リアルな中国を映し続けるドキュメンタリー監督の竹内亮。総SNS フォロワー数630万⼈(Weibo522 万⼈、抖⾳70 万⼈など)、番組など含めると1000 万⼈を超え、中国全⼟でナンバー1※インフルエンサーである⽇本⼈。そんな竹内亮の作品が見られる映画祭「⽵内亮のドキュメンタリーウィーク」が2023年5⽉19 ⽇(⾦)から5⽉25⽇(⽊)まで⾓川シネマ有楽町(東京都千代⽥区)において開催されます!
※Weibo 旅⾏関連インフルエンサーランキングNo.1(23 年1 ⽉時点)

総視聴回数6億回超えの、竹内亮ってどんな人?

日本・中国で数々の受賞作を生み出すドキュメンタリー監督。2015 年より配信したドキュメンタリー紀⾏番組『私がここに住む理由(我住在这⾥的理由)』は、Weibo「影響⼒のある⼗⼤旅⾏番組賞」を5年連続受賞、総視聴回数が6 億回を超えています!!

竹内亮モノクロ

1978年生まれ、千葉県出身。中国・南京在住。ドキュメンタリー監督・番組プロデューサーとして、多くの映像制作を手がける。2013年に中国人の妻と中国に移住し、映像制作会社を設立後に『我住在這里的理由(私がここに住む理由)』の制作を開始。日本に住む中国人、中国に住む日本人に密着し、異国の地で頑張る主人公を等身大に描く番組で、動画の再生回数は4年で6億(2023年4月まで)を突破。
中国最大のSNS・ウェイボー(微博 /中国版のツイッター)で2017年より5年連続で「影響力のある十大旅行番組」に選ばれる。現在ウェイボー旅行関連インフルエンサーランキングでは全国1位に。(2023年1月時点)中国で絶大な人気を博す中国在住日本人の1人である。


⽵内亮のドキュメンタリーウィーク

名称 ︓「⽵内亮のドキュメンタリーウィーク」
期間 ︓2023年5⽉19⽇(⾦)から5⽉25⽇(⽊)
場所 ︓⾓川シネマ有楽町(東京都千代⽥区有楽町1丁⽬11-1 )
映画館ホームページ ︓https://www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/

公開初⽇には、監督の⽵内亮、『再会⻑江』のナレーションを担当する⼩島瑠璃⼦が登壇する公開記念舞台挨拶を実施。⽵内亮監督の作品撮影秘話に加え、⽇本と中国で活躍の場を広げていく竹内亮と⼩島瑠璃子のトークイベントも行われます!詳細は映画公式ホームページにて。

上映作品紹介

ドキュメンタリー映画として複数受賞作品であり、アジア最⼤の⼤河・⻑江6300 キロを2年かけて撮影した、本邦初公開『再会⻑江』。コロナ禍の武漢を独⾃取材し、1 ⽇で1000 万回再⽣、累計4000 万回再⽣を突破した話題作『お久しぶりです、武漢』。他に『⼤涼⼭』『ファーウェイ100 ⾯相』の4 作品を上映します。

【公式ホームページ】 https://www.wanoyume.com/jp/home-jp

上映作品①『再会⻑江』

再会⻑江

本邦初公開︕完全劇場版

中国の⺟なる⼤河・⻑江。上海、南京、武漢、重慶、雲南、チベット⾼原まで、広⼤な中国⼤陸を横断する、全⻑6300 キロのアジア最⼤の⼤河だ。⽇本⼈監督の⽵内亮は、10 年前にNHK の番組で⻑江を撮った時、⼀つの後悔があった。それは北極・南極に次ぐ地球第三の極地と呼ばれるチベット⾼原にある「⻑江源流の最初の⼀滴」を撮れなかった事。あれから10 年、⽇本から中国南京市に移住し、「⻑江沿いの⺠」の⼀⼈になった⽵内は、2021 年から2年かけて再び⻑江 6300 キロを⾛破する。旅の途中で10 年前に撮影した友⼈たちと再会しながら、⼀本の⼤河を通して中国の10 年の変化を⾒つめ、今度こそ「最初の⼀滴」をカメラに収めるべく、⻑江源流をめざす。

上映作品②『お久しぶりです、武漢』

お久しぶりです、武漢

コロナ禍の武漢を3年間独⾃取材

2020年1⽉23 ⽇、新型コロナ対策として、⼈類史上かつてない規模の「ロックダウン(都市封鎖)」が実施された街、武漢。
約3 ヶ⽉間、1000万の武漢市⺠が外出を禁じられ、外部からの⼈・モノも完全ストップするなど、その徹底ぶりに世界が驚いた。ロックダウン解除直後、まだ感染リスクがある中、社員の反対を押し切って武漢に⼊った⽵内。前代未聞のロックダウンが市⺠にもたらしたものは何だったのか。⽵内は10 ⼈の武漢市⺠に密着し、中国⼤⼿メディアでは報じられない真実の武漢を描き出す。本作は、2020年6⽉の配信直後に中国全⼟で⼤きな話題となり、再⽣回数4000万回を突破した『お久しぶりです、武漢』と、その主⼈公たちの3 年後を追加取材した特別版。⽉⽇が経てば⼈は変わるが、主⼈公達はこの3 年でどう変わっているのだろうか...。

上映作品③『⼤涼⼭』

⼤涼⼭

YouTube500万回再⽣作品の70分拡⼤版

中国で最も貧しい地域のひとつ「⼤涼⼭」。四川省の⼭奥にあるこの地は、中国=世界第2 位の経済⼤国※というイメージとは程遠い、原始的な⽣活を営む少数⺠族が住む秘境だ。2010 年に⽵内が⼤涼⼭を訪れた時は、道路が無く、ロバに乗って村を訪れた。それから10 年が経ち、⽵内は再び⼤涼⼭を訪れた。同僚の新⼈カメラマンが最近まで⼤涼⼭でボランティア教師をしており、彼から「⼤涼⼭の現実を⽵内監督に⾒て欲しい」と懇願されたからだ。現場に着いた⽵内が⽬にしたのは、崖の村、スペインサッカー・レアルマドリード、そして⼦供達の涙…。本作は中国で2000 万回再⽣、YouTube で500 万回再⽣された『⾛近⼤涼⼭』のディクターズ・カット版。新たに追加したシーンを含め、70分の⻑編に再編集。
※引⽤︓GLOBAL NOTE 発表。世界のGDP トップ 10(23年3⽉16 ⽇)による。

上映作品④『ファーウェイ100⾯相』

ファーウェイ100⾯相

撮影期間3 年・数百時間の素材を再編集

「国家安全保障に関わる」として3 年前、トランプ前⼤統領から名指しで批剕された中国通信機器企業・ファーウェイ。その後、CFO の孟晚⾈⽒がカナダで拘留され、半導体輸⼊やGoogle の使⽤も禁⽌され、⽶中関係が悪化するなど、国際政治の話題に上り続けて来た。しかし多くの⼈は知らない、“ファーウェイとは⼀体何をしている会社なのか”を。ファーウェイ本部と「⽵内監督の撮影内容には⼀切⼲渉しない」という約束を交わした後、⽵内は⽇本を含む世界13 カ国を周り、世界各地に散らばる20 万⼈のファーウェイ社員を撮りに⾏く。彼らは⼀体何をしているのか、誰も⾒たことがないファーウェイ世界戦路の真相に迫る。累計5000万回再⽣(weibo4300万回、YouTube800万回)。

竹内亮の主な作品/受賞歴

・『再会⻑江』(2023 年) 第28 回中国ドキュメンタリー⻑編映画ベストテン作品 / 第12 回中国ドキュメンタリーアカデミー
賞ノミネート作品
・『追球』(2022年) ファースト映画祭・招待作品
・『ファーウェイ100⾯相』 Season1-3(2021-2023年)
・『⼤涼⼭』(2021年) 第27 回中国ドキュメンタリー⻑編映画ベスト10作品
・『双⾯五輪』(2021年)
・『好久不⾒、武漢(お久しぶりです、武漢)』(2020 年) 2020 年度 中国で最も影響⼒のあるトップ10 ドキュメンタリー
シリーズ トップ10 ノミネート作品 / 2021年国連中国語デーCCTV第1回海外映像祭審査員特別賞
・『中国アフターコロナの時代』(2020年) 第11 回中国ドキュメンタリー・アカデミー賞ノミネート作品
・『新規感染者ゼロの街』(2020年)
・『我住在这⾥的理由(私がここに住む理由)』(2015年〜)
・書籍︓『架僑 中国を第⼆の故郷にした⽇本⼈』 ⾓川書店、『我住在这⾥的N个理由』 Joint Publishing (H.K.)
『⽵内亮︓镜头下的真实中国』Shanghai Jiao Tong University Press、『我住在这⾥的理由』 Yilin Press
『⾛进⼤凉⼭』 Yilin Press(23年5⽉出版予定)

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!