• Aging Gracefully

GLOWの
記事をシェア

有元くるみさん「移住や離婚、人生の節目はすべて自分で決断してきました」【これから先のわたしへ】

有元くるみさん インタビュー

これから先のわたしへ

「Aging Gracefully」は、40代、50代女性のこれからを応援する、朝日新聞社とGLOWの共同プロジェクト。インタビュー『これから先のわたしへ』では、Aging Gracefullyをテーマに、 憧れの女性像や、一緒に歩んでいきたい相棒アイテム、自分らしくいられるモノやコトなど、わたしの“これから”をお伺いしています。

Aging Gracefullyのサイトはこちらから!

有元くるみ インタビュー

料理家
有元 くるみさん

1972年生まれ。服飾デザイナー、カフェオーナーを経て料理家に。2015年に高知県に移住し、世界を旅して学んだ食文化を題材にワークショップを開催するなど、幅広く活動中。料理家 有元葉子さんの次女。


考えるのはいつも後回しにし、
思いついたらパッと行動に移すタイプ

わたしが目指すのは、何があっても「大丈夫」と言える精神的にタフな人です。生きていると難題や心配事が降りかかってきますが、そういう時、沈んでもすぐに立ち上がれる強さを秘めていたいです。今までも離婚や環境の変化など様ざまな人生の節目があったけれど、最終的にはすべて自分で決めてきました。7年前に高知に移住したのも、サーフィンをしながらキャンピングカーで日本各地を旅していた時、たまたま訪れたこの地の食文化や波に強烈に惹かれたから。わたしは、思いついたらパッと行動に移すタイプ。動けなくなってしまうから、考えるのはいつも後回しです。

☑サーフィンを軸に置くことで仕事もいいペースをキープ

有元くるみさん サーフィン

サーフィンを第一優先 有元くるみさん

「現在の暮らしは、波、潮、風などの自然と対話しながらサーフィンを第一優先。それ以外の時間で仕事を集中してやっています。日々の仕事内容はほとんどが自分発信の企画。そういう意味で生みの苦しみもあり、一日中家にこもって考え事をする日も。でも、そんな悶々とした時間も意外と嫌いじゃないんです(笑)」。自然のサイクルに従う生活リズムがいい流れを運び、時間の使い方が年々上達しているそう。


誰から何を言われても、
結局は自分自身の人生

同世代の女性たちと話すと「有元さんみたいに自由に生きたいけれど……」と、モヤモヤを打ち明けられることがあります。そういう時、「人生は選択の連続だから、世間の目や年齢などより、自分の気持ちを優先しては?」とお伝えしています。わたしは、自我が目覚めた頃から〝自分らしさ〞にこだわっていたように思います。人と同じなんてつまらない。だからか、子どもの頃はいじめられて、母に「(いじめっ子は)放っておきなさい」と励まされたりしました。誰から何を言われても、結局は自分自身の人生。自由はその人の中に既にあるもの。そうやって自分らしさを追求するのは、脳の活性化になるし、これから先を楽しく生きるひとつの糧になると思います。

☑この先の食糧危機に備えて自給自足できるコミュニティを

有元くるみさん 高知県に移住

「食に対する危機感を共有する仲間、日本全国の農家さんと情報交換をしながら、小さなコミュニティを始動しています。それぞれが得意な無農薬のお米や野菜などを作ることで、子どもやその先の世代がこれからもちゃんと日本で暮らしていける土台を作っていきたいです」。農業従事者の高齢化や温暖化による農作物の適地の変化など、問題が顕在化する高知。全国の仲間とともに今できることをコツコツと。


取材・文=土谷沙織 ※雑誌GLOW2023年1月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。

土谷沙織エディター

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!

関連記事