• Beauty

GLOWの
記事をシェア

【乾燥ケア・保湿】カサカサなかかとやすねの乾燥悩みは、塗るケアと飲むケアで潤いを!

下半身の乾燥

皮脂の分泌量が減少した40代の肌内部は、温度と湿度の低下も加わりカラカラ状態。今回は足もと。カサカサになりやすいかかとやすねの保湿です!


1. タイツを脱ぐとすねが粉ふき

下半身の乾燥

粉がふくほどの乾燥はボディバターが効く!
ボディバターはボディクリームよりも油分量が多く、テクスチャーはこっくり。ただの乾燥肌というよりも、粉を吹くほどの超乾燥肌の改善ケアにおすすめ!

ヴェレダジャパン スキンフード ボディバター

カカオバター、シアバターなどの植物オイルを配合。スキンフード ボディバター150 mL 4290円(ヴェレダジャパン)

ザボディショップジャパン ボディバター シア

97%自然由来成分配合のリッチなテクスチャー。全身に纏った瞬間、穏やかな気分に。ボディバター シア 200mL 3080円(ザボディショップジャパン)

かかとのカサカサでタイツが電線

下半身の乾燥

「飲むスキンケア」で1年中つるつるかかと!それでもダメな場合は角質ケアを!
「飲むスキンケア」を使えば、うるおいが行き届きにくいかかとの保湿もばっちり。それでも、かかとがカサカサの場合は、風呂上がりに角質ケアをしてからボディバターを塗布して。

タカミ スキンピールボディ

入浴後に、塗るだけ。剝がさないで角質ケアが簡単にでき、代謝サイクルを促してくれる。タカミ スキンピールボディ 200g 6380円(タカミ)

オルビス ディフェンセラ

飲むだけで、全身の水分を逃しにくくなるインナーケア。米胚芽由来のグルコシルセラミドを高純度に配合。オルビス ディフェンセラ 30包3456円(オルビス) 


イラスト=二階堂ちはる 取材・文=橋本優香 ※雑誌GLOW2023年3月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。

橋本

橋本優香美容エディター

ビューティ&ヘルスを中心にライター&エディターとして活躍。著書に『韓国ドラマ聖地巡礼 ドラマで見たあの名所を巡る』があり、韓ドラ姉妹としても活動中。韓国カルチャーが大好きで、特に韓国ドラマ好きは20年近く。情報収集のため2ヵ月に1回は渡韓。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!