• Fashion

GLOWの
記事をシェア

重ね着しても着ぶくれしない「スキンニット」の時代到来!? アウターを脱いだ季節も活躍する薄手ニットコーデ5選!

着やせコーデ

今シーズン、続々リリースされているスキンニット。肌がうっすら透けるくらい薄いタートルは、抜け感もあり重ね着しても着ぶくれの心配ゼロ!

スキンニットって?

ガリャルダガランテのスキンニット

もたつき感ゼロ!
重ね着にマストな極薄ニット

シャツ、ワンピ、ニット、スエットなどあらゆるアイテムの中に仕込めて、首、袖口、裾からチラ見せできるニットのこと。薄いからもたつかず、肌が透けて軽やか。スキンニット1万5400円(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)

☑スキンニットのポイント

  • チラ見せした時にサマになる首もと。ほんのり透けているので詰まった印象にならない。
  • ピタッと二の腕にフィットするから、どんなアイテムを重ねてももたつかず快適。
  • 裾からチラ見せしてニュアンスをプラスできるよう、やや長めの着丈がベスト。

1. 今季のトレンドショート丈ニットの首、裾からチラ見せ

スキンニット 重ね着

じゅわ レイヤード

ニットの下から覗くスキンニットのライムグリーンが差し色効果を発揮。バランスが難しいショート丈も、スキンニットを中に挟めば一気に着やすくなる。トーンを合わせたストールの投入で、まとまった印象に。スキンニット1万1000円(アストラット/アストラット 新宿店) ニット3万5750円(コンフォート エンブレイスメント)、ブーツ2万7500円(モリーニ/ともにジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) デニム1万5400円(ローラス/アダム エ ロペ) ストール1万9800円(アソース メレ/アイネックス) バッグ1990円(ユニクロ)

2. 着ぶくれ知らずな2枚重ねで
カラーミックス

ジャケットコーデ 薄手ニット

じゅわ GLOW

タートルの2枚重ねは、薄いスキンニットだからこそできる小技。色の組み合わせ次第で、様ざまな雰囲気を演出できるのも嬉しい限り。トープスキンニット8800円(ミジョン パーク/ザ・ウォール ショールーム) 赤タートルネック1万7600円(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木) ジャケット4万2900円(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿) スカート2万3100円(RHC)、タイツ5500円(ブルーフォレ/ともにRHC ロンハーマン) ピアス6万9300円(マリハ) バッグ2990円(ユニクロ)

3. 軽さを演出するなら
シャツのインナーに仕込んで

重ね着コーデ

重ね着コーデ

ブルー×白のストライプシャツには、同じ白のスキンニットがマッチ。スキンニット9680円(ミズイロインド/マーコート) ブルゾン7万1500円(フォルフォルモ/アブソリュート) シャツ2万9700円(アパルトモン/アパルトモン 青山店) カーディガン8万300円(エクストリーム カシミア/アダム エ ロペ) パンツ3万8500円(エッフェ ビームス/デミルクス ビームス 新宿) 眼鏡5万3460円(レイバン/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ4万2900円(オソイ)、ブーツ5万9400円(ヴィットリオ ヴィルジリ/ともにプレインピープル青山)

4. のっぺりしがちなワンピの首もとから甘めディテール見せ

花柄ワンピースコーデ

じゅわ

インパクトのある花柄ワンピにこなれ感を出すなら、端の始末がフリル状になったスキンニットがいち押し。フリルディテールのチラ見せでさりげなく可愛らしさをイン。ただしシアーな黒だから甘すぎずシックなムードをキープ。スキンニット8800円(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿) コート8万8000円(ハイク/ボウルズ) ワンピース1万3200円(ジャーナル スタンダード レリューム/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) バッグ3万7150円(オソイ/ガリャルダガランテ 表参道店) ストール3万3000円(エドワードブラウン)

5. パーカに重ねて
こなれたメンズスタイルに

パーカーコーデ

じゅわ

カジュアルなパーカは、胸のプリントに合わせた白のスキンニットがなじんでお洒落ニュアンスがアップ。ダークカラーコーデの中で、白のチラ見せディテールが軽やかな印象。スキンニット1万5400円(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店) パーカ2万6400円(アメリカーナ/アパルトモン 青山店) パンツ3万800円(コキュカ/ザ ストア バイ シー 代官山店) バッグ2万900円(オルセット/プルミエ アロンディスモン) ソックス2530円(タビオ) スリッポン2万6400円(スイコック/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木)


撮影=渡辺謙太郎、草間大輔(商品) スタイリング=安竹一未〈kili office〉 ヘア&メイク=面下伸一〈FACCIA〉 モデル=じゅわ 文=土谷沙織  ※GLOW2023年1月号より。情報は雑誌掲載時のものになります。

土谷沙織エディター

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!