• Lifestyle

GLOWの
記事をシェア

ホテルのターンダウンサービスに学ぶ
極上の“おやすみまえ時間”のつくり方

フォーブス・トラベルガイドで2年連続5つ星を獲得した世界が認める一流ホテルHOTEL THE MITSUI KYOTO。こちらで5月31日(水)までの期間、デラックススイートに宿泊の先着70組限定で「デラックススイート スペシャルターンダウン」を実施中。これは、京都に縁が深く、睡眠やリフレッシュにこだわるワコール、パナソニックとの3社コラボレーションによる特別サービス。このローンチイベントが去る2月24日(金)に開催され、ターンダウンに興味津々のライター土谷がお邪魔してきました。3月18日の「睡眠の日」にちなみ、よい睡眠についても一緒に考えてみましょう!

活動的な昼時間からリラックスする夜時間に
スムーズに移行するためのターンダウン

ローンチイベントは、かつての三井総領家の邸宅の一部を総檜造で再現した「四季の間」にて、フリーアナウンサー住吉美紀さんとマインドフルネススペシャリストのヨシダヨウコさんによるトークセッションからスタート。お二人ともかつて睡眠時間を削って仕事に明け暮れたという経験をお持ちで、今はしっかりと眠ることがいかに日々の健康やパフォーマンス力維持に大切かを実感しているそう。ヨシダさんは、「ターンダウンとは、空間を心と体を癒すために夜のしつらえに整えること。もちろん自宅でも取り入れることができます」と語る。

ターンダウンの具体例としては、以下のようなものがあるそう。

  1. 部屋の明かりを暗めにする
  2. 温かい飲み物を飲む
  3. 肌触りのいい寝巻きに着替える
  4. 好きな香りでリラックスする
  5. マッサージやストレッチで体をほぐす

「若い頃とは違って今はもう、寝なかったら翌日の仕事に響いてしまいます。だから大事なのは“いかに疲れを翌日に持ち越さないか”だと考えています」(住吉さん)。「ターンダウンは自分をもてなす時間。今日1日がんばった自分への労りの気持ちを込めて、眠る前の時間を過ごせたらいいですね」(ヨシダさん)。

ヨガ講師の資格を持つ住吉さんによるヨガシークエンス。会場では参加者全員で気持ちを安定させ呼吸に意識が向きやすいスカーサナ(安楽座)で座り、アヌローマ・ヴィローマという片鼻呼吸法で副交感神経を活性化し、深いリラックス状態に。「その日の体の状態に合わせて、ヨガのポーズを1〜2つやってから眠ることもあります」(住吉さん)。

昼とは違う客室の姿にほっこり癒され、
「ねるまえほっとリフレ」で自分をゆるめる

夜21時過ぎ、イベントが終わってお部屋に戻ると、室内の様子が違うことに気がつきました。ロールカーテンがしっかりと閉じられ外の光を遮断し、落ち着いたトーンの照明が室内をやさしく照らしています。ベッド周りを見ると、昼は正面を向いていた置き時計が寝ながらでも観やすいよう、ベッドの方向斜め45度に置かれる洗練されたサービス。ベッド上には、パナソニックのエアーマッサージャー「ねるまえほっとリフレ」がセットされていて、「脚を入れるだけだよ〜」と手招きしているよう。実は前日から京都入りして歩き回っていたので、気持ちは元気でも体は疲れ果てていたのでした。ワコール/睡眠科学のパジャマに素早く着替え、ホクホクしながらねるまえほっとリフレに両脚をイン。パジャマがものすごくしなやかなので、摩擦なくスルッと脚が入ります。約20分間のおやすみ前コースを選択し、この日初めて全身をベッドにゆだねました。

ベッドは、HOTEL THE MITSUI KYOTOとシモンズが共同開発したオリジナルマットレスを採用。その上に、パナソニックの「ねるまえほっとリフレ(エアーマッサージャーEW-RA150)」、ワコール/睡眠科学の「天綿を使用したパジャマ」、同「寄り添いフィット枕」が並んでいます。自分へのご褒美にお膳立てされた最強の布陣です。

おやすみ前コースが始まって1〜2分で実感しました。「わたしの脚はこんなにも疲れていたんだ」ということを。エアーバッグが隙間なく脚を包み込んで圧迫と開放を繰り返す中で、疲れきったふくらはぎが人の手のひらで包み込まれるように揉みほぐされていきます。片足ずつ交互にゆっくりと持ち上げられ、心地よいウェーブ感を味わいながら幸福感に酔いしれます。20分間のおやすみ前コースが終わると、脚がスッキリ軽くなっていることに気がつきました。

さて、いよいよ寝ようという時、ベッドサイドに置かれたTHERAの和製油 「京都柚子の香り」をディフューザーに2滴ほど垂らしました。「京都の夜にぴったりの爽やかでやさしい和の香りだな」と、思い切り香りを吸い込んだのが最後。これ以上ないほどの深い眠りに落ちていきました。

がんばる自分への約束として覚えておきたい
活力に満ちた翌朝の“いい気分”

アラームではなく体内時計通りに自然と目が覚めたのが翌朝6時。今までに感じたことのない「わたしはものすごく深くリフレッシュできたぞ」という満足感がありました。ターンダウンを意識的に実践することで、ここまでパーフェクトな眠りが実現するという事実に心底びっくり。心も体も生まれ変わったかのような開放感は、言葉にできないほどの深い感動を伴って、わたしの記憶に刻まれました。

こんなにも違いがあるのなら、ターンダウンを普段から取り入れない手はありません。ねるまえほっとリフレ、天綿を使用したパジャマ、柚子の和製油は、わたしの中の“ターンダウンの三種の神器”として不動の地位を獲得しました。1日の最後に自分をもてなす時間を過ごすことで、明日の元気を自分で作ることができるという気づきは、がんばる40代にとって心強い味方を手に入れたようなものです。

朝食はボリュームたっぷりの和定食を美味しく完食。脚も軽やか、昨日までの疲れを引きずっていないので、「今日も1日がんばるぞ!」と、心身ともに元気が充満しているのを感じました。


HOTEL THE MITSUI KYOTO
「デラックススイート スペシャルターンダウン」
くわしくはこちら↓

https://www.hotelthemitsui.com/ja/kyoto/news/20230224/

土谷沙織エディター

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!