• Lifestyle

GLOWの
記事をシェア

【料理家のキッチンと愛用道具】野村友里さん「気に入った道具は愛着を持って使い倒します」

料理家のキッチンと愛用の台所用品を見せてもらいました。今回はeatrip主宰の野村友里さん!


「人やものと出会うたびに学びがあり考えが広がっていきます」

築40年を超える建物の一室が野村さんのキッチンアトリエ。ここで料理の施策などを行っている。
「庭があって、風の通りがよく気持ちいいです。暑さ、寒さを含めてお気に入り。日によって台所で過ごす時間の長さは違うけど、わたしの大切な居場所です」
基本的に台所に置いているのは、気に入って使い込んだ道具のみ。
「いいと思うものに出会ったら、愛着を持って使い倒します。眺めているのも楽しいけど、やっぱり使わないとわからない。表参道のショップeatrip soilは、道具への需要を守りたいという思いもあってやっています」
料理に対する想いを尋ねると、「食べるのも、作るのも、ずっとやめたくないです」と微笑む。
「アメリカのジャーナリスト、マイケル・ボーランが出演する『COOKED 人間は料理をする』というドキュメンタリー番組(Netflixで配信中)を観ました。彼によると、人間は料理をすることで知恵を育み、コミュニケーションを覚え進化したのだ、と。わたしもこの仕事を長くさせてもらう中で、人やものと出会う度に学びがあり、考えが広がっていきました。料理をする=生きる上で何を大事にするか。そこはずっと見つめ続けていきたいです」

☑大蝶恵美子さんの調理鍋

大蝶恵美子さんの鍋

家ではほぼこれ一つで何でも調理している大蝶(おおちょう)さんの鍋。一見、有機的な形のようで、実は緻密な計算の上に成り立っていて機能的。ずっしりと重みがあり、そのぶん熱の入りがよく、保温性も高い。サイズ違いもヘビロテで愛用中。

或る日、土鍋と

☑大塚刃物鍛冶の菜切り包丁

大塚刃物鍛冶の包丁

鳥取の鍛冶、大塚刃物鍛冶の包丁はレストランeatripでも使用中。鍛冶の技術の高さを感じる刃は、まさに一生もの。握りやすい形状の柄は山桜で、古くなったら柄だけ取り換えることができる。

とりネット

☑有永浩太さんの再生ガラスのグラス

有永浩太さんのグラス

様ざまな色のワインボトルをエチケットごと溶かすと、不純物による気泡ができてガラスが自然とこの色に。短時間で成形するため、高度な技術が必要なのだそう。

有永さんのInstagram

PROFILE
のむらゆり:eatrip主宰。メニュー監修、料理教室、イベント出演など幅広く活動。食にまつわるエッセイなど著書も多数。

eatrip

eatrip soil


撮影=目黒智子 取材=土谷沙織 ※GLOW2022年8月号より

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!