温かみあるエスニックなバッグ&小物に注目
【お洒落業界人のバッグの中身 vol.7】

スタイリスト、ヘア&メイク、プレスなど、ファッション業界で働く女性たちのある日のバッグとその中身を大公開。コスメやガジェットのほか、その人らしさが垣間見える意外な持ちものも! 雑誌GLOW9月号では「大人のお洒落白書」と題したスナップ大特集でバッグを含む着こなしも掲載しています!

持っていて気分が上がるお気に入りたち
バッグの持ち主…アデルビジュー プレス 砂辺綾子さん

アクセサリーブランド、アデルビジューのプレスとして活躍中の砂辺さん。フランスを訪れた時に購入したles marrisiennesのエスニックな生地のクラッチバッグは、ビッグフリンジ付きというインパクトも含め、着こなしのアクセントになって重宝しているそう。

  1. バレンシアガの小さめ財布。
  2. ヴィンテージのスカーフで作られた巾着は、アクセサリー入れとして活躍。
  3. ギャレットレイトのサングラス。
  4. ヴィンテージのコーム。
  5. アデルビジューのスターイヤークリップ。
  6. ピカソの絵柄のピルケースには、サプリメントを入れて。
  7. アデルビジューのアトマイザーネックレスには、消毒液を入れている。
  8. その時読んでいる本を一冊バッグの中に。こちらは、角田光代の『空中庭園』。
  9. キヌードのハンドクリームで気になった時に保湿を。
  10.  ジョンマスターのヘアオイル、ナリッシングデフリザー。頭痛がする時に重宝するユーアンドオイルのKIのスキンオイル。
  11.  ローラ メルシエのリップ、ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック17。
  12.  SHIROのエッセンスリップオイルカラーは、マリーゴールドをチョイス。はっきり色を感じるリップが今の気分。
  13.  BAGGUのエコバッグ。かさばらないから、どのバッグの時でも携帯している。

持っているだけでハッピーな乙女カラーのグッズ
バッグの持ち主…スタイリスト 永岡美夏さん

実際に使ってみて「これはいい」と納得すると、同じブランドをリピート買いすることがよくあるというスタイリストの永岡さん。軽くて柔らかく、フレンチシックな着こなしにぴったりのドラゴンのレザーメッシュトートも同様で、デザイン違いを複数持っているそう。

  1. 100円均一で購入したサンリオキャラクターのペンケース。中身が見える透明なところが使い勝手抜群。
  2. ルージュのメイクポーチ。
  3. クリエイティブディレクターがフィービー・ファイロだった時代のセリーヌの財布。あまりにも好きで、これは全く同じデザインの2個目。
  4. 仕事用のノート、気づきをメモするダイアリーなど。
  5. エルメスの名刺入れは、スウィートなピンクがお気に入り。
  6. 長年愛用しているエルメスの手帳でスケジュール管理。
  7. 本はだいたいいつも2冊、ちょっと難しい系と気軽に読める系をバッグの中に入れている。

カラフルな民族系アイテムの温かみが好き
バッグの持ち主…ヘア&メイクアップアーティスト 加藤 恵さん

ヘア&メイクアップアーティストとして活躍する加藤さんは、以前はよく民族に会いに海外一人旅へ。ハンドメイドの味わいのあるマルニのかごバッグには、ユニークで存在感のあるエスニック雑貨など、手作りで温かみのある小物を入れています。

  1. グアテマラを旅した時に購入した極小のショルダーバッグは、名刺入れとして愛用中。ハンドメイドでビーズのカラーもポイント。
  2. メゾン マルジェラの財布は、絶妙なトーン、使いやすさがお気に入り。
  3. Free.S.W.A.Kのネコの尻尾モチーフのエコバッグ。レオパード柄が可愛い。
  4. soanのモーニング モチベートは、1日の始まりにぴったりの朝用CBDオイル。
  5. ロート製薬のヘリオホワイトの飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めと併用して使っている。
  6. アムリターラのフィト ヴェール ハンドトリートメントは、ローズの香りに癒される。保湿力とベタつかない使い心地が◎。
  7. 雑貨店で購入したカラフルな半円型のポーチはアフガニスタンのもの。ICカードを入れている。

撮影=片岡祥、村松巨規 取材・文=土谷沙織

土谷沙織エディター

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!