• Culture

GLOWの
記事をシェア

【映画】4人の女性が糸で繋がり、未来を救う『マダム・ウェブ』 マーベル初のミステリー! 2/23公開 【伊藤さとりの映画レビュー】

映画マダム・ウェブ ダコタ・ジョンソン マーベル最新作

この記事の画像一覧を見る(5枚)

映画パーソナリティ・心理カウンセラーの伊藤さとりさんが、お肌も心もぷるっと潤う映画を紹介する連載。今回は、2月23日(金・祝)公開の『マダム・ウェブ』。マーベル最新作で、ウェブは糸。原作コミックではスパイダーマンを支える存在。


特殊能力を持つマダム・ウェブと能力を持たない3人の女性が闘う

何故か日本ではあまりフィーチャーされない「男女平等」を願う映画的アプローチ。どうしてなんだろうと分析すると「映画にイメージをつけたくない」という宣伝の声もチラホラ。だけど、それでは真のメッセージや伝えたいターゲット層に伝わらないことも大いにあって、今回の作品はそんな意味でも画期的なヒーロー映画でした! 本作『マダム・ウェブ』のビジュアルを見ると『スパイダーマン』の女の子版!?と思うかもしれないけれど、確かに原作はマーベル・コミック。物語だってアマゾンに生息する希少な蜘蛛の調査からある能力を手にした敵と、臨死体験で未来を予知する能力に目覚めた救命救急士のキャシーが少女たちを守ろうと戦う物語なので『スパイダーマン』と似て非なりなのです。

映画マダム・ウェブ マーベルのミステリーサスペンス

映画マダム・ウェブ マーベル初のサスペンス 4人の女性が未来を救う

映画評論・映画パーソナリティ・心理カウンセラー 伊藤さとり

映画評論・映画パーソナリティ・心理カウンセラー

執筆記事一覧を見る

邦画、洋画問わず年間500本以上の映画を鑑賞。映画舞台挨拶や完成披露会見等のMCを数多く担当している。また、心理学的な視点からも映画を解説。12月に新著は『映画のセリフで心をチャージ 愛の告白100選』(KADOKAWA)。「ぴあ」、「otocoto」でのコラム連載や、YouTube「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」、「めざましテレビ」「ひるおび」での映画コーナー等、幅広いメディアで映画を紹介。映画と、映画に関わる全ての人々を愛してやまない映画人。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!

関連記事