• Beauty

GLOWの
記事をシェア

【髪は額縁R45のBESTヘア】軟毛・細毛でも美しいボブが実現。ふわふわ系スタイリングでフェミニンなエアリーボブに!

毎週更新・GLOW ONLINEオリジナルのヘアカタログ連載。おしゃれ度&美人度がアップするGLOW世代にぴったりのヘアスタイルを、人気のヘアサロンがお届けします。今月は、「今やりたい髪型ナンバー1」といわれる旬のボブスタイルをピックアップ!“今っぽ感”を高めるスタイリングテクを味方につければ、大人に似合う垢抜けヘアが誰でも叶う。手ぐしで作るエアリーボブの作り方をご紹介します。

肩ギリギリの長さでカットしたボブは、表面にレイヤーを入れて動きのあるシルエットに。これに平巻きのパーマをプラスすると、毛量が少ない髪質や細毛でもぺったりせずに、ふんわりとしたAラインボブが実現します。

パーマスタイルなのでスタイリングは楽チンですが、こだわってほしいのは質感! パサッとしたドライな質感を避けるには、ヘアオイルとワックスを混ぜて揉み込むように塗布を。オイル効果で今っぽいツヤが生まれ、またワックスによってパーマによるAラインのシルエットを美しくキープできます。

POINT
根元は起こすように、
毛先は外ハネを意識!

美しいAラインボブのポイントはトップに高さを与える事と、毛先を外ハネにスタイリングする事。このふたつを意識すると全体のバランスが整って頭の形がきれいに見えます。パーマによってある程度のシルエットはできていますが、ドライの段階でトップの根元を起こしながら根元に熱を当てる事と、毛先側は手ぐしを通しながら外ハネに乾かすだけでその後は楽チン!

SIDE

BACK


HOW TO STYLING

1.スタイリング剤を
毛先側から揉み込む

手のひらでワックスとオイルを1対1(髪質に合わせて微調整を)ぐらいで混ぜたら、先ずは毛先側を手のひらで包むように軽く握ってなじませます。カールの束感を出す意識で、あまり崩さないよう優しく行いましょう。

2.毛先側に向かって
外ハネラインをつくる

次に耳後ろに指先を入れたら、手ぐしを通す感覚で毛先に向かって外ハネラインを作るようにスタイリングしましょう。この時、サイドを開くように指を通すのがコツです。

3.前髪からトップをかき上げて
ふんわり感を出していく

前髪からトップに手ぐしを通します。かき上げるように毛束と毛束の間に空気感を与えるイメージで根元を起こします。最後に全体を指先で整えたら、サイドは内側だけ耳に引っ掛けると、抜け感が高まりおしゃれ。

☆スタイリングのまとめ☆

☑オイル&ワックスで、質感とシルエットをキープ
☑サイドは開くようにスタイリング
☑トップの根元を起こす感覚でかき上げる
☑サイドの内側だけ耳掛けしてエアリー感を強調


担当サロン/grico(グリコ)

東京都渋谷区神宮前6-14-12 モード・エス 2F
℡03-6427-9062
ヘア:バタコ(grico)
撮影:イマキイレ カオリ
取材・文:小澤佐知子 

gricoのHPもCHECK!

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!

関連記事