• Beauty

GLOWの
記事をシェア

【髪は額縁R45のBESTヘア】伸ばし途中のボブをおしゃれに見せる、ハーフウェットな外ハネパーマスタイル

おしゃれ度&美人度がアップするGLOW世代にぴったりのヘアスタイルを、人気のヘアサロンから毎週お届け。今回は、中途半端に伸びてきたボブの扱い方を紹介します。ミディに伸ばし中のまとまりにくい長さでも、今っぽさのあるおしゃれスタイルで過ごす方法とは……⁉

Qボブが伸びて地味に見えます。
伸ばしたいけど毛先も跳ねるし、
どうごまかせばいい?

ボブはレイヤーもほとんど入っていないので、伸ばし途中はペタンとしたり毛先が跳ねたりで、シルエットが地味に見えてしまう人も。そんな時は、大きめの緩やかなパーマで動きを与えると、無造作なAラインシルエットになって、おしゃれ感が一気に高まります。

毛先側はあえて外ハネになるようパーマをかけるのがポイントですが、クセ毛の人ならパーマなしで、アイロンを使ってニュアンスを出すだけでもOK。仕上げに少量のヘアオイルをなじませ、ツヤ感を加えるとまとまり感と輝きもアップします。

SIDE

BACK


HOW TO STYLING

1.毛先側が外ハネになるように巻く

センターパートで分けたら、中間から緩やかなS字カールになるよう巻いていきます。毛先側は大きく外ハネになるよう調整しましょう。

2.オイルを付けながら毛先側を開いていく

1~2プッシュのオイルを手のひらになじませ、髪の中間から毛先にかけて塗布します。毛先側は少しだけ毛束を崩す感覚で行うと、きれいなAラインに整ってバランス感のある華やかな外ハネボブに仕上がります。


担当サロン/EMMA GINZA(エマ 銀座)

東京都中央区銀座2丁目10-11マロニエ通り銀座館7F
☎03-6264-1134

EMMAのHPもCHECK!


ヘア:NAOMI(EMMA GINZA)
撮影:イマキイレカオリ
取材・文:小澤佐知子

小澤

小澤佐知子ヘアライター

髪の記者歴25年。雑誌やWEB等で旬のヘアスタイルやヘアケアを数多く紹介。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!

関連記事