• Fashion

GLOWの
記事をシェア

スタイリスト・白幡 啓さんのパートナー服は、あえて崩して着る「きちんときれいめセットアップ」【素敵な人の相棒服を拝見】

お洒落なGLOW世代のパートナーとなるアイテムを紹介する【素敵な人の相棒服を拝見】。今回は大人の肌見せが素敵な人気スタイリスト、白幡 啓さん。相棒服とその着こなし方をご覧ください!


自分を俯瞰しながらたどりついたセットアップの着こなし

10年前を振り返ると、パートナー服は、「ライダースジャケットとデニムだった」と言う白幡さん。「でも今は、きれいめのセットアップです。40才を過ぎると1年単位で似合うものが変わるんです。やっぱりきちんとした印象、品格みたいなものがないと厳しいな、と自己分析。元々スーツが好きでいっぱい持っているのですが、ジャケット+パンツ(スカート)的に王道の上下セットで着ると、これまた想像以上に年齢が出ちゃう。だから、あえて崩すことが必要だと思って。フォルムや素材でちょっとハズしたり、アイテム自体に遊びがあるような、いずれも共布で作られたセットのアイテム。それが今の自分を素敵に見せるパートナーだと思います」。
白幡さんにとってファッションは、自己表現のツールでもある。「肌見せをするのも、〝お洒落を忘れていない〞というメッセージ。歳を取っても最低限の肌見せができるお婆さんになっていたいから、今からひるんでいる場合じゃない、と自分を鼓舞しているんですよ」。

楽ちんなのにきれい見えするアエロンのニット上下に、スタイリング/のジャカードジャケットを羽織って。「マイブームのゴールドの華奢アクセサリーを重ねづけし、首もとや手もとにニュアンスを。アクセでパンツスタイルを女っぽくシフト」(白幡さん)

これを着用!

コージーなのにきちんと見える、アエロンのリブニットキャミとニットパンツ

【ジャケットとベアトップ、
トップス同士のセットアップ】

ジャケットの上から共布のベアトップを重ねた技ありレイヤード。「もちろん中に挟んでもいいし、いろいろおもしろい着方ができます。今年は、テロっとしたサテンスカート+ロングブーツの気分。きれいなだけじゃない、遊び心のあるスタイルに」

これを着用!

スタイリングのジャケットとベアトップ。「かっちり作られたジャケットは、ゆるく着るとこなれた感じになるので、わたしはふだんよりワンサイズ大きいものを買っています。このジャケットもそう」。アップサイクルの上質なジャカード生地を使用。

【まだあります、愛用のセットアップ】

Styling/のジャケットとベスト

グラデーションが美しいジャカード生地は、オリジナル。他にスカートもあり。ジャケット10万3400円、ベスト5万3900円(ともにスタイリング//スタイリング/ ルミネ新宿1店) 

ベロアのジャケット&パンツ

ガブリエラ コール ガーメンツのベロアのジャケット&パンツ。インナーは、シアーニットやシャツを合わせる予定。

【コーデに欠かせないものたち】

上品な肌見せにマストなインナー。ベロアのシアータートルとニットバンドゥ

「バンドゥは中外両方で着られて便利。透けるタートルは、わたしの場合、水着や形がきれいな黒ブラを中に」(白幡さん)

着こなしを旬顔にアップデートするザ ロウのロングブーツ

毎年ブーツを新調してコーデのヒントにしている。「このブーツは去年、スカートに合わせようと買ったものです」(白幡さん)

白幡啓さんprofile

1996年よりスタイリストとして活動スタート。2016年よりオリジナルブランドを展開するセレクトショップstyling/のディレクターとしても活躍。

白幡さんインスタグラム

Styling/サイトはこちら!


撮影=葛川栄蔵(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物)、草間大輔(一部静物) 取材・文=土谷沙織 ※GLOW2022年11月号から再構成。情報は雑誌掲載時のものになります。

土谷沙織エディター

女性誌を中心にファッション、ライフスタイル、著名人インタビュー等のページを執筆。30代半ばでヨーロッパに語学留学をして以来、英会話レッスンを日課にしている。

記事一覧へ戻る

GLOWの記事をシェア!